横浜で経験した大規模修繕工事

大規模改修工事の見積もり

大規模修繕工事の計画大規模改修工事の見積もり工事中に問題となったこと

横浜での大規模改修工事では、依頼する内容が屋根の防水塗り替えと外壁の塗装替えが主で、それ以外の補修は大したことはありませんでした。
そのため、設計を別会社に依頼して経費を費やすほどではないと判断し、事前に見積もりの依頼をした数社から、屋根の防水塗り替えと外壁の塗装替えに限っての見積もりを依頼しました。
その結果、最低価格を提示した1社に決定し、工事の全てを依頼することにしました。
その後に屋根の防水塗り替えと外壁の塗装替え以外の工事に関する見積もりを依頼したのですが、その金額でもめる事になりました。
主要な部分以外の工事は始め重要視はしていませんでしたが、思いのほか金額がかさみ、予定していた工事金額の総計を上回る事態となりました。
どうするかを実効役員の間で相談し、結局予算重視で工事内容を選択し、発注することを建設会社に通知しました。
ところがその後、建設会社が再度見積もりをやり直したところ、こちらが当初予定していた工事内容が全て網羅できることがわかり、納得いく発注に漕ぎつけました。
このことにより工事前の段取りは全て終わり、無事、発注することができました。
工事を開始する前に日程を決め、それを住人に通知しました。
工事は住人の生活の邪魔にならない範囲で行うことを確認し、住人が生活を中断することはありませんでした。
間をおかずに工事が開始され、屋根工事や塗装工事が順次恥じ待つこととなりました。