ETCカードの決め方

ETCカードを使ったときのポイントについて、注意事項を含めて記述します。

■ETCカードを複数もっていてもポイント合算はできない。

たとえば高速道路ごとに1枚、複数のETCカードをもっている人はたくさんいますが、残念ながらこのETCカードのマイレージポイントを“まとめて1つにすること”はできません。

俗に言うカード間でのポイント合算はできないのが現状です。

ETCカードではない一般のクレジット付きショッピングカードで貯めたポイントは、カードに関係なくポイントの合算ができるようになっています。

しかしそれはポイント制が定着してからだいぶ経ってからのことです。

合算専門の会社まで出現したことで、ポイント還元と合算は当たり前になりました。

ETCカードの場合は、まだそこまで進化していません。

■なぜポイント合算ができないのか。

その理由はどこに?

高速道路は、民営化されてから東日本、西日本、中日本といったように株式会社単位で分割・管理されるようになりました。

ETCカードのポイントはその管理下にあり、ポイントの付与率や還元率が高速道路や会社ごとにマチマチの状態です。

合算可能にするにはこれを統一して、相互の垣根を取り払うよう必要があります。

現実には非常に困難な道のりです。

したがって現状では、貯まったポイントは、ETCクレジットカードであっても専用のETCパーソナルカードであっても、カードごと(高速道路株式会社)の還元額にしか交換できません。

ポイントはカードごとに貯めるしかないのです。

無料通行分の還元額も合算はきません。

■家族カードや法人カードのポイント合算もできない?

家族カードや法人カードのマイレージポイント合算もできません。

家族カードや法人カードは、マイレージサービスを登録する際、「車載器1台についてETCカード4枚まで登録可能」になっています。

たとえば家族カードであれば同居する家族に限って4枚まで、法人カードであれば、同じ事業所の場合に限って4枚までカードを登録し共有できます。

登録はできますが、ポイントを貯めたり使ったりするのはカード単位になります。

■宮城県公営の高速道路とのポイント合算は可能?しかしそれでは現実性がありません。

合算抜きでトクをする方法を考えましょう。

例外的ではありますが「東日本、中日本、中日本の各高速道路株式会社」と「宮城県道路公社」のポイント合算は可能になっています。

宮城県道路公社は、宮城県が設立した地方道路公社であったため、国の施策であった民営化とは別の組織でした。

この両者以外にマイレージを合算できる方法はありません。

あえて言えば、ETCカードで獲得したポイントを「無料通行分」にまわせば合算とは関係なく多くの高速道路で使えるようになります。

これには、ポイントが付与され、なおかつ還元額(無料通行)が利用できる対象道路と、還元額(無料通行)のみの対象道路があります。

あらかじめチェックをしてから利用しましょう。

■ETCカードを複数もっていてもポイント合算はできない。

たとえば高速道路ごとに1枚、複数のETCカードをもっている人はたくさんいますが、残念ながらこのETCカードのマイレージポイントを“まとめて1つにすること”はできません。

俗に言うカード間でのポイント合算はできないのが現状です。

ETCカードではない一般のクレジット付きショッピングカードで貯めたポイントは、カードに関係なくポイントの合算ができるようになっています。

しかしそれはポイント制が定着してからだいぶ経ってからのことです。

合算専門の会社まで出現したことで、ポイント還元と合算は当たり前になりました。

ETCカードの場合は、まだそこまで進化していません。

■なぜポイント合算ができないのか。

その理由はどこに?

高速道路は、民営化されてから東日本、西日本、中日本といったように株式会社単位で分割・管理されるようになりました。

ETCカードのポイントはその管理下にあり、ポイントの付与率や還元率が高速道路や会社ごとにマチマチの状態です。

合算可能にするにはこれを統一して、相互の垣根を取り払うよう必要があります。

現実には非常に困難な道のりです。

したがって現状では、貯まったポイントは、ETCクレジットカードであっても専用のETCパーソナルカードであっても、カードごと(高速道路株式会社)の還元額にしか交換できません。

ポイントはカードごとに貯めるしかないのです。

無料通行分の還元額も合算はきません。

■家族カードや法人カードのポイント合算もできない?

家族カードや法人カードのマイレージポイント合算もできません。

家族カードや法人カードは、マイレージサービスを登録する際、「車載器1台についてETCカード4枚まで登録可能」になっています。

たとえば家族カードであれば同居する家族に限って4枚まで、法人カードであれば、同じ事業所の場合に限って4枚までカードを登録し共有できます。

登録はできますが、ポイントを貯めたり使ったりするのはカード単位になります。

■宮城県公営の高速道路とのポイント合算は可能?しかしそれでは現実性がありません。

合算抜きでトクをする方法を考えましょう。

例外的ではありますが「東日本、中日本、中日本の各高速道路株式会社」と「宮城県道路公社」のポイント合算は可能になっています。

宮城県道路公社は、宮城県が設立した地方道路公社であったため、国の施策であった民営化とは別の組織でした。

この両者以外にマイレージを合算できる方法はありません。

あえて言えば、ETCカードで獲得したポイントを「無料通行分」にまわせば合算とは関係なく多くの高速道路で使えるようになります。

これには、ポイントが付与され、なおかつ還元額(無料通行)が利用できる対象道路と、還元額(無料通行)のみの対象道路があります。

あらかじめチェックをしてから利用しましょう。

クレジットカードに機能を追加して、ETCカードとして使えるようになります。

・家族カードについて

クレジットカードには、家族カードがあります。

ETCカードは、クレジットカードに機能を追加する事で使えるようになりますが、家族カードでも基本的に、後からETCカード機能を追加する事ができます。

これからクレジットカードや、家族カードを作るなら、1枚のカードでクレジットカードとしても、ETCカードとしても両方使える「一体型」が便利です。

・手数料について

家族カードにETCカード機能を追加する場合、手数料などはかかりません。

ただしここはカード会社によって違いがあるので、中には手数料がかかる場合もあります。

ここは各自で問い合わせをしておくと安心です。

原則として1枚のクレジットカードに、1枚のETCカードが持てますから、1人が家族の人数分のカードを持つのではなく、各自のカードにETC機能を追加する形です。

4人家族で、それぞれが家族カードを持っている場合は、本人と家族3人分の計4枚になります。

・まとめ

既にクレジットカードを持っている人、家族カードを持っている場合は、ETCカードだけを発行してもらう事もできますが、カードが2枚になるので、クレジットカードとETCカードを間違えないようにしましょう。

クレジットカードをETC装置に差し込んでも、ETCゲートで読み取りができないので通常の料金所窓口での支払いになります。

ポイントも発行されないので注意してください。