ETCカードの決め方

ETCカードを使ったときのポイントについて、注意事項を含めて記述します。

■中古を譲り受けた場合でも利用できる?

中古車やETC車載器の中古を譲り受けた場合、2つの手続きをすることで、ETCサービスの利用が可能になります。

1つは、車載器に登録されている情報の書き換え更新をすることです。

これは再セットアップといって、最寄りのカーショップなどで基本情報の入力をしてもらいます。

車の情報を入力することで、軽自動車なのか普通自動車なのか、あるいは大型自動車なのかを機械どうしで識別できるようになり、ETC専用レーンの通行が可能になります。

手数料が3000円程度かかりますが、専門的な知識と技術が必要になるので、自分で行うことはできません。

中古車だけを譲り受けた場合で、車載器を新規購入する場合は通常のセットアップになります。

2つめに、ETC用クレジットカードの作成です。

これは現在すでに使っているクレジットカード会社のサイトから、ETCカードの申込み手続きをすることで使えるようになります。

■サービスを利用する際の注意点は?

良くあることですが、中古車を譲り受けた場合、車載器がすでに取り付けられているケースがあります。

本来的には車載器の持ち主が変わるわけですから、再セットアップをしなければなりませんが、わざわざお金をかけて再セットアップしなくてもいいと、そのままの状態で使いつづけている人がいます。

車載器に入力された情報は車の情報だけなので、持ち主が変わっても情報に変更はないわけです。

そのまま乗り継いでもETCカードさえあれば押し通せてしまえます。

しかしこのような不正な状態で乗っていると、何かのトラブルを生じたときに、利用者本人との整合性が取れずに厄介な疑いをかけられたりする可能性があります。

多少の手間暇やお金がかかっても、適正な状態で乗り継いだほうが得策です。

【参考リンク】http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14104429894

■サービスが利用できないとしたら原因は?

前述のように、車の持ち主・車載器の持ち主が変わったのに、再セットアップせずに使いつづけていることは、違法とまでは言えませんが規約としての違反行為です。

さらに悪質なのは、車載器に登録されている車の情報は軽自動車なのに、実際は普通自動車だったりする場合です。

このような行為は完全な犯罪行為で、詐欺罪に当たります。

またそれ以外にも車載器本体に不正な改造が行われている場合には、セットアップであっても再セットアップであっても断られることがあります。

悪質な場合は警察に通報されるケースもあります。

■中古といっても持ち主が変わるだけ。

車載器本体の情報に変わりはないので、そのままでもサービスを継続利用できます。

中古の車載器を譲り受けた以外にも、移転などでナンバープレートが変わったり、車載器自体を別の車に移し替えたりした場合は再セットアップが必須になります。

しかし車載器の入力情報にはもともと個人情報は含まれていないので、そのままでも使えてしまいます。

規約にしたがって再セットアップするかどうかは、本人の道義的問題にかかっています。

日曜日, 28 8月 2016 on ETCカードの変更.

Comments are closed.