ETCカードの決め方

ETCカードを使ったときのポイントについて、注意事項を含めて記述します。

■新しいETCカードに移行する際、気をつけることは?

ETCカードを新しいものに切り替えるとカード番号そのものが変更になります。

このとき新しいカードに必要な利用者情報は書き換えられますが、「ETCマイレージサービス情報」はまだ書き換えられていません。

利用者情報と同時に、この登録情報も書き換える必要があります。

変更せずにそのまま新しいカードで高速道路を走行しETCゲートを使ってしまうと、これまで古いカードに貯めていたポイントは新しいカードに移行できなくなります。

■カード変更が完了後、他に必要になる手続きとは何?

たとえば「ETC利用照会サービス」を利用していた場合、そのサービスも、新しいカード番号など必要事項の書き換えが必要になります。

このサービスは、過去にさかのぼって1年3か月分の利用(ETCカード利用分の全走行明細)を確認できるサービスです。

個人でも法人組織でも利用できますので、事業における利用明細の管理や個人の旅行などの記録に活用できます。

また利用証明書をpdfファイルやcsvファイルダウンロードしプリントアウトすることも可能です。

最近は、サービスエリア等でもETC利用明細書を印刷することができるようになったそうです。

★お役立ちサイト⇒ETC利用履歴発行プリンターのご利用について | NEXCO 西日本

この変更手続きを忘れてしまうと、これらの管理ができなくなります。

ETCカードの切り替え後は、日頃活用している関連サービスを細かく見直し、変更手続きの要不要を確認しておきましょう。

■ETC利用照会サービスの変更手続き。

ETCカード番号が変更になった後のETC利用照会サービスは、「カードの追加登録」を行うことで、継続したサービスが受けられるようになります。

このとき、サービスの継続が不要になったカードについては忘れずに抹消手続きを行ってください。

追加登録後は、再利用が可能になるまで多少の時間がかかる場合があります。

追加登録は、1個のユーザーIDに対して最大10枚まで登録できます。

追加登録の仕方は、まずETC利用サービス紹介のサイトのトップページからログインボタンをクリックし、ユーザーID、パスワードを入力してそのページのログインボタンを再びクリックすれば、ツールバーに「カードの追加登録/削除画面」が表示された画面に切り替わります。

追加・変更するETCカードの情報を入力してください。

■新しいETCカードで走ってしまった分のマイレージに、さかのぼって古いカードのポイントを移行することはできません。

マイレージの変更手続きをせずに新しいETCカードを利用して走ってしまった場合、さかのぼって古いカードのポイントを移行することはできません。

「ETCカードの利用者情報は書き換え」と「ETCマイレージサービス情報」の更新手続きは別々のものです。

変更手続き完了前に新しいETCカードで走行した場合、それまでのポイントは使えなくなります。

木曜日, 18 8月 2016 on ETCカードの変更.

Comments are closed.